ブログトップ

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。


by tamayakko-vc
プロフィールを見る
画像一覧

1300km犬連れ車の旅 ~ 3日目 下北半島

今回の旅で私がぜひとも来てみたかった場所、それが下北半島。
以前仕事で六ヶ所村の原子力関係の施設に来たことがあり、途中の自然の美しさに心奪われた。
ところどころに湖沼があり、湿原が広がっている。いつかプライベートで車で来てみたいと思っていた。

下北半島の付け根の太平洋側、小川原湖に隣接する仏沼の湿原地帯はラムサール条約に登録されている。
湿原地帯では車を停められなかったが、過ぎたところ、白鳥が飛来するという尾鮫沼(おぶちぬま)。
f0182885_9223839.jpg


納得したところで、太平洋側から陸奥湾沿岸に出て、恐山(おそれざん)に向かう。
山道を登り、硫黄の匂いが漂う恐山山頂に到着。f0182885_9353855.jpg
←山頂にある宇曽利(うそり)湖。

↓ 恐山菩提寺。 古くから人々の信仰を集めている。
f0182885_938381.jpg


恐山から急な山道を30分以上も下り、宿泊地の薬研(やげん)温泉へ。

ジャーン、今晩のお宿「薬研荘」、築40年。f0182885_1052237.jpg
純和風旅館、バス・トイレ共同。

1間だけ離れのようになっていて、犬も一緒に泊まることができる。

宿のおかみさんが楽しい人であれこれ世話を焼いてくれる。


少し落ち着いてから、薬研渓谷を散歩。
f0182885_957345.jpgf0182885_9575447.jpg


部屋に新聞の切抜きが置いてあってわかったが、この宿の女将(おかみ)は「薬研荘のカモシカ女将」と呼ばれる名物女将。築40年の建物も「古いと汚いは違う」と言って、古いながらも磨き上げている。カモシカのように山を駆け回り山菜やきのこを採ってくるそうだ。犬を2匹飼っていて、1匹は福島の被災犬とのこと。被災犬はまだ怯えているそうで、会えなかった。

夕食は女将さんが採ってきたミズやワラビなどの山菜、きのこ、地元のホタテ、ウニ、マグロ、ひらめなどを使った家庭料理で、とても美味しかった。2晩続けて洋食のフルコースで今日はあまり食べられないと思っていたが、どの料理もあっさりと重くないのでペロリと完食してしまった。

お風呂もいい温泉で、3回も入ってしまった。

ココは初めて畳の上で寝る。座布団が好きで私が席をはずすと占領する。
朝、布団を敷いたままにしておくとその上に上がってしまうので、畳んでおいたらその上にチャッカリ。気持ちいいワン。f0182885_10274066.jpgf0182885_102820100.jpg
ココも気に入ったようだが、私たちもこの旅館(民宿?)、気に入った。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2012-07-23 13:46 | | Comments(0)