人気ブログランキング | 話題のタグを見る

さわれる楽器博物館

さわれる楽器博物館_f0182885_652462.jpg札幌コンサートホール、キタラで春のお祭りが開かれていて、小ホール前に楽器博物館がお目見えした。

来てみてビックリ。

夥しい数の楽器。

これらはすべて個人で楽器を蒐集している井筒和幸さんのコレクション。

井筒さんは札幌在住のピアノの調律師で、楽器の修復も手がけている。直した楽器、作った楽器も含め現在500点余の楽器を保有し、札幌だけでなく、全国各地で「さわれる楽器博物館」を開いている。
今回ここに持ってきたのは半分にも満たないとのことだが、こんなにいろいろな種類の楽器を一度に見たのは初めてだ。
ニューヨークのメトロポリタン美術館にも楽器の展示室があったが、それよりもすごい。
弦楽器の一部の写真しか撮っていないが、打楽器、鍵盤楽器などたくさんあった。

そして、えらいのはすべての楽器にさわれること。
そう、楽器ってさわって音出すものなのよね。

さわれる楽器博物館_f0182885_10333618.jpg
とにかく珍しい楽器が多すぎて頭がパニック。
素材もさまざま、カメの甲羅、ひょうたん、骨、鳥の羽、アルマジロ!
さわれる楽器博物館_f0182885_10324591.jpg
さわれる楽器博物館_f0182885_10395254.jpg
←これは井筒さんが作ったキターラ。
キタラの名前の由来の楽器。

船の形をした海洋民族の楽器↓
さわれる楽器博物館_f0182885_10445522.jpg

弦楽器コーナーには、バイオリンやビオラも置いてある。
さわれる楽器博物館_f0182885_10542025.jpg

実は、私はこの春からキタラのボランティアに登録していて、この楽器博物館には手伝いで来た。
この弦楽器コーナーの見張り役をやることに。
バイオリンやビオラに気軽にさわれる機会というのは滅多にない。大盛況になりてんてこ舞い。
バイオリンにそっと触れている小さな女の子に、バイオリンの構え方を教えて、弓に手を添えて音を出してみる。「いい音がするね」と言うとニッコリ。お母さんに「お嬢さん、バイオリンがとても似合っていますねー」。きっとバイオリンを習い始めると思う。
何回もやってきた男の子もいた。「君、絶対うまくなる、弦楽器やるべきよ」と言ったけど、その気になっていたと思う。
大人の人たちも「バイオリンさわるの初めて」と言いながら、次々に試していた。「大人になってから始められる方も多いですよ。弦楽器はずーっと楽しめますよ」と、大人のバイオリン教室の話などをした。
バイオリンを目にする機会は多いけれど、実際に弾いたことのある人は本当に少ないと思う。
これをきっかけに、実際に弦楽器を始める方もいらしたかも。楽器博物館の主旨からはちょっとずれているかも知れないが、このような機会は本当に素晴らしい。

さて、この弦楽器コーナーで私が気に入った楽器がこちら。

弓を使って音を出す、ウィグルの弦楽器ギジェク。美しい寄木細工の装飾が施され、頭部に付いているのはウグイス。腿に乗せて弓で弾くが、下がくるくる回るようになっていて、移弦は楽器の方を回す。
さわれる楽器博物館_f0182885_1151331.jpgさわれる楽器博物館_f0182885_11511714.jpgさわれる楽器博物館_f0182885_11513693.jpg


これもウィグルのギジェク。ビオラの弓で弾いてみた。さわれる楽器博物館_f0182885_1235054.jpgさわれる楽器博物館_f0182885_124452.jpgさわれる楽器博物館_f0182885_125245.jpg
小さいのに意外に大きな音がする。

井筒さんが説明してくださった。
胴体の中にヘビの皮が張ってあって、ヘビ皮の上下にそれぞれ魂柱が立てられている。
バイオリンは胴体に共鳴しているけれど、これはヘビ皮も共鳴している。
(バイオリンより進んでいる?)
オーケストラのバイオリンがみなこの楽器に置き換わったら、きっとすごい音になると思う。

へえー、ヘビ皮ですか!
弾きこんでいくと、深いいい音がする。表現力もある。
お客さんが少ない間は、ずっとこの楽器を弾いて遊んでいた。

井筒さんが皆さんに楽器のお話をする時にこんなことをおっしゃった。
「今の楽器が一番進んでいると思ったら、オオマチガイ。昔の方が進んでいたものもある」。
このギジェクを手にして、納得。
今まで私は古楽器や古楽器奏法などにはあまり関心がなかったが、俄然興味が沸いてきた。

この楽器博物館との出会いは私にとってとても大きいものがあった。

井筒さんのサイトはこちら↓
井筒和幸の楽器博物館
Commented by pataponm at 2013-05-09 12:23
これは垂涎もの! 1日中いて、あごにはさめる楽器を全部弾いてみたいです。
井筒さんのサイト見ました。管楽器や世界中の民族楽器等、あらゆる楽器があるんですね。日本の土鈴まで!
「全国各地」というのは、移動博物館ということで、常設のものはないのでしょうか。
最高に楽しいボランティアですね!
Commented by tamayakko-vc at 2013-05-09 19:34
ギジェクは弾いていてあきませんでした。そういえばあごに挟める楽器というのが意外に少ないかも。バイオリン、ビオラくらい?
本当にありとあらゆる楽器がありました。私が「博物館が開けますね」と言ったら、「これ、博物館だもん」とおっしゃっていましたけど、常設にしてもお客さんたくさん呼べると思います。観光の目玉になるかも。でも全国を回ってくださった方が、多くの人が体験できますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2013-05-04 20:49 | 音楽 | Comments(2)

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。