京都の老舗の中華料理店

軽い夕食を食べようということになり、向かった先は四条大橋のたもとの中華料理店。

中華は重くも軽くも食べられるのでなにかと便利。
それにこの素敵な洋館の中に入ってみたかったのです。
f0182885_23055053.jpg
f0182885_23063780.jpg

素敵なのもそのはず、調べてみたら、かのヴォーリズの設計で大正13年に建てられたとのこと。
登録有形文化財になっています。
ついでにヴォーリズについて調べてみたら、近江兄弟社(メンソレータム)を創立したり、結核療養所をつくったり、マッカーサーと近衛文麿との仲介役を務めたり、本当に様々な活躍をしている方なのですね。音楽の造詣も深かったようです。
関西を中心に多くの建物の設計を手掛けていていくつかは登録有形文化財、重要文化財となっています。
私が東京にいたころにコンサートをやっていた早稲田のスコットホールも彼の設計でした。


さて、このビル、当初は西洋料理のビアホールでしたが、昭和20年からは中華料理店となりました。
スパニッシュバロック様式とのことで、イスラムや中国の装飾もとり入れられているそうです。
日本最古のエレベータは1924年製、確かOTISでした。
このエレベータで5階に案内されました。

席からの眺め
f0182885_23043386.jpg
酢豚と焼き餃子とビールと紹興酒。
焼き餃子は揚げ餃子みたい。
f0182885_23040244.jpg
古き良き味、美味しかったです。
サービスもよく、心地よいひとときでした。

夫は学生時代頻繁に京都に来ていましたが、貧乏旅行でいつもこのレストランを指を咥えて見ていたそうです。
またぜひ来たい店です。
なんと電話の局番が2桁。
f0182885_23070711.jpg

名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2018-07-04 20:31 | 旅~京都・奈良 | Comments(0)

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。