今年の鶏の丸焼き

クリスマスの時季になると丸鶏がいっぱい売られるので、やはり鶏の丸焼きをつくらねば。
今年の丸鶏は1.2kg。
Brineという、一晩味付液に浸す方法で作ります。

テレビで韓国の鶏屋さんのことをやっていて、鶏の丸揚げ40年という方は、一切味付けをしないで丸揚げにするんですって。あとで塩で味付けしていたようです。シンプルイズベスト。

なるべく余計なことをしないで作ってみようと思いました。

今年は十勝こがねというジャガイモと雪化粧というカボチャも一緒に焼きました。どちらもしっとり系の品種なので、オーブンで焼くのに適していると思います。

とても美味しかったです!
f0182885_09035853.jpg
十勝こがね、雪化粧、どちらもしっとりと甘かったです。
f0182885_09040447.jpg


備忘録にレシピを載せます。

鶏の丸焼きのレシピ

①浸漬水を用意する。
鶏肉1kgあたり200mlの水に5%の塩と砂糖を入れてよく溶かす。
②鶏肉をよく水で洗い、ビニール袋に入れて、①をおなかの中に入れ、さらに好みの香辛料などを入れる。
私が入れたのは、つぶしたにんにく2かけ、しょうがの薄切り数枚、レモンの輪切り数枚。
③ビニール袋を輪ゴムでとじ、鶏の形に合ったボールに入れ鶏全体が液によく漬かるようにして冷蔵庫に1晩寝かせる。
④鶏の表面に胡椒をすり込み、オーブンで焼く。
温度は始めの5分間は230℃、後は180℃に下げる。
焼く時間は鶏1ポンド(450g)あたり20分、今回は1.2kgなので55分。焼き色が足りなかったので10分追加した。
途中10分毎に取り出し、天板の焼き汁を刷毛で鶏に塗り、焼き色が濃いところはアルミホイルで覆った。
ジャガイモとカボチャは一緒に30分焼いた。途中バター少量を上にのせた。
⑤グレービー・ポン酢たれ
天板の焼き汁を集め、浮いている油を除き、市販のポン酢を加える。

以前の記事



名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2018-12-25 18:02 | | Comments(0)

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。