ロックフェラーセンター

~NYの旅の備忘録です~ 11/30

The Noguchi Museumに行ったときにロックフェラーセンターにイサム・ノグチの作品があることを知り、ああ、そういえば見たことがある気がする、と思って、見に来ました。

でもロックフェラーセンターと言っても、広うござんして、なかなかわからなくて諦めて帰りかけたら、ありました!
f0182885_09002773.jpg
f0182885_09003881.jpg
AP通信社ビルに設置する作品の制作依頼を受け、「報道の自由」を表現したものだそうです。
電話する人、カメラを構える人、メモをとる人、タイプを打つ人、なるほど・・・

報道の自由が主題の作品とは! 今彼がいたら、トランプのことをどう思うのか・・・

イサムノグチ36歳1940年の作品です。
この作品が、イサム・ノグチが世界各国から高い評価を得る糸口となったようです。
f0182885_09004400.jpg



ロックフェラーセンターにはかの有名な大きなクリスマスツリーがあります。
f0182885_09010197.jpg

f0182885_22340562.jpg
ロックフェラーセンターには20弱のビルがあり、一帯の住所はロックフェラープラザといいます。

このロックフェラープラザでクスっと思い出すことがあります。

ニューヨークに住み始めて間もないころ、日本の本屋さん「紀伊国屋」がロックフェラープラザにあると聞き、ロックフェラープラザと書いてあるビルを見つけて意気揚々と入っていきました。
入口にいたかっこいい黒いスーツの男性に「ご用はなんですか?」と聞かれ、
「本屋さんはどこですか? このビルの中にあるはずなんですけど、日本の本屋さんなんですけど。」

黒いスーツの方たちが集まってきて、「このビルにはないけれど、この近くに日本の本屋はあったっけ?」
あーでもない、こーでもない・・・結局、わかる方が現れて、親切に行き方を教えてくださいました。

なんだか物々しい雰囲気・・・と思ったのもそのはず。そこはオークションで有名なクリスティーズだったのです。
私は場違いの格好をした東洋人の怪しい女だったのですね。
f0182885_09190726.jpg
クリスティーズに行って本屋もへったくれもないですねー
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2018-12-30 13:19 | ニューヨーク | Comments(0)

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。