ビオラマスタークラス・ニューイヤーコンサートin札幌

今井信子さん率いるビオラマスタークラスのニューイヤーコンサートin札幌を聴きに行ってきました。素晴らしかった❤
ビオラマスタークラスは毎年1月に小樽でやっていて、毎年小樽までコンサートを聴きに行っていましたが、今年は札幌のキタラ小ホールでもコンサートをやってくださったのです。
長靴履いて公園の雪をかき分けて行ってきましたよ。
f0182885_09043818.jpg
f0182885_09043794.jpg
f0182885_09022759.jpg
すべてよかったのですが、R.シュトラウス、ウィアンコさんの編曲、ソロの小笹さん、素晴らしかった❤ 
続くピアソラ、お馴染みの小早川さんの編曲、須田さん、大島さんはじめ、ビオラの皆さん、チェロのウィアンコさん、素晴らしかった❤
次のピアソラは何と、ザ・イマイ・カルテットにバンドネオンの三浦さんが加わり、三浦さんの編曲。こんな豪華共演、NYでも東京でも聴けませんよ。バンドネオンが加わるとまた、一味違って、素晴らしかった❤
f0182885_09031924.jpg
休憩をはさんで、最後はプロコフィエフのロミオとジュリエット。
この曲は私にとって胸キュンの曲なのです。ニューヨークのアメリカンバレエシアター(ABT)で素晴らしい公演を観たことがあるのです。
はじめはヘルテンシュタインさん率いるピアノクインテット。始まり方が素晴らしかった❤ノックアウト。すぐにABTの初々しい新人のロミオとジュリエットが切なく踊るシーンが頭の中に蘇りました。ウィアンコさんのチェロ、とろけるよう。いろいろな組み合わせで進行していきます。格闘のシーンの迫力も満点。須田さん率いるトリオも素晴らしかった。ABTの公演ではビオラがマンドリンに持ちかえるシーンがあるのですが、今井さん率いるピアノトリオでピツィカートでやっていたようです。面白い。
最後もヘルテンシュタインさん率いるピアノクインテットで静かに終わりました。終わった後静寂が長く続きました。
そして、大拍手。迷いなくスタンディングオベーションしました。今年初スタンディングオベーション。
どの曲も皆さんの表現しようという心がひしひしと伝わってきて、曲の世界に誘(いざな)われました。
ABTでロミオとジュリエットを観たときの記事


こんな公演、ニューヨークでも東京でも聴けないよ~
でもお客さんは半分くらいだったかな。もったいない。
キタラでは何度かコンサートを主催する側だったことがあるので客集めの苦労はとてもよくわかりますが・・・
帰りがけ、キタラ近くのスーパーで夕食の買い物をしましたが気分が良くて、ステーキ肉奮発してしまいました。
また、公園を通って帰ってきました。キタラの灯が温かい。私の心にも灯がともりました。
f0182885_09033308.jpg

<豪華な出演者> プロフィールの一部です。
f0182885_09024431.jpg
f0182885_09024912.jpg
f0182885_09083471.jpg


名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tamayakko-vc | 2019-01-12 16:31 | コンサート | Comments(0)

風のたより

ニューヨークから戻ってきて、札幌に引っ越しました。